applescript でkindle for mac の自動ページめくり

こんな感じで自動再生できる.Automatorだとうまくできなかった.

repeat with p from 1 to 110
    set pstr to p
    set pstr to text -3 thru -1 of ("00" & pstr)
    tell application "Kindle"
        activate
        tell application "System Events"
            delay 1
                key code 123
            -- ページ送り (カーソルキー)
        end tell
    end tell
end repeat


Matlabで論文リストをつくる 

以前pubmedIDから論文リストを自動生成するプログラムを作った
これで間違いだらけの論文リストをみなくてすむを思ったら後輩諸君がrubyのインストールをいやがるのでMatlabでつくった.

pubmedはURLのPMID部分を入れ替えるだけで楽に情報が取得できる.あとはurlreadでテキストを取得するだけ

medlineStr = urlread(['http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/' num2str(pmid) '?dopt=MEDLINE']); % medline形式
medlineStr = urlread(['http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/' num2str(pmid) '?dopt=xml']); % XMLで取得も可能

APA形式.これをバッチで動かせば楽にとれる.


EmacsでMatlabする

emacsでmatlab : uhiahaの日記

この記事にはお世話になりました.
しかし2013年現在リンク切れしてるようですし,新しい日本語記事も見当たらないので手順と自分の設定を晒したいと思います.
(しかし今時EmacsでMatlabコード書いてるヒトがどのくらいいるのか…)

筆者の環境

  • OS: Mac OSX, 10.9
  • Matlab: 2012a, OSX, Student Version 64-bit
  • Emacs: GNU Emacs 24.3

まずはソース入手

SourceForgeに公式SVNがあるようですのでそこから.あんまりメンテされてないみたいですが.

http://matlab-emacs.cvs.sourceforge.net/matlab-emacs/matlab-emacs/

dl_emacs_support.m を matlabで実行するだけでも勝手にダウンロードされます.
普通に使うだけならこのファイルをEmacsのパスに通せばいいだけらしいです.

基本設定

.emacsファイルの修正

ほぼ上記サイトの通りです.
だいたいMacだとこんな基本設定になるかと思います.

auto-complete設定

ちょっとまだ煮詰めてないです.そのうちdictファイル作ろうかと

(add-to-list 'ac-modes 'matlab-mode)

yasnippet

上記サイトではリンク切れでしたので一応作ってみました.githubで公開してます.修正追加いつでも受け付けてます.
rysk-t/matlab-snippets

用例

scrs_matlabMode.png

M-x matlab-shell

でmatlab-shellがバッファに入ります.

M-C-<RET>

でセル毎に実行出来たりします.

追加

現在自分に合わせて細かい改造中です.
rysk-t/matlab-emacs
cell モードの区切りを見やすくする matlab-highlight-cellbreak,
whosを実行する matlab-shell-run-whosなどを追加しました.

scrs_matlabRe