MATLABのPCAとK-meansを試してみる (スパイクソ−ティングもどき)

MATLABのPCAとかの使い方をおさらいしておきたかったのでなにか良い例ないかなとおもったらここにスパイクソーティングはPCAがよく使われてると書かれてたので簡単に試してみた.

疑似スパイクデータ生成は真面目にモデルとか実装するの面倒だったので適当にガボール関数つくってノイズを加えた.ためしに3つユニットを混ぜてみたけっか.

スクリーンショット 2015-08-26 20.30.33

異常な簡単さ.実際のスパイクソーティングは多chだったりテンプレートマッチングとかしたりしてもっと難しいので各自論文チェックしましょう.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です